漢字が難しい場合は特注の印鑑

カレンダー

2018年6月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリ

メニュー

オーダーメイドの印鑑を作りましょう

皆さんは印鑑はどちらで作られますか。「え?印鑑?印鑑は百均や文房具屋さんで自分の名前を選んで安いやつを購入するものでしょ?」と言う方も沢山いらっしゃるかも知れませんね。
しかし、それは、お名前が安い印鑑コーナーに並んでいる方だけの特権!周りにいらっしゃいませんか?難しい漢字や、珍しい姓をお持ちな方。実は、私も読み方や姓的にはありがちな部類の姓名ですが、漢字が常用漢字ではないのです。そうなると安いものではなく、特注で作ってもらうしかないのです。社内回覧認め印位なら百均の印鑑で誤魔化せますが、お役所や銀行になるとそうは行かず提出した身分証と同じ漢字じゃなきゃダメみたいです。
同じ料金で提供して下さるお店もありますが、別途料金が発生したり。「一本、線を長くするだけじゃん!」と言いたくなってしまいます。注文書の備考欄で漢字の指定をするだけで良いのですが。
最近は、海外からの旅行客さんがお土産にしたい…とご自分の名前を当て字にして印鑑を作られるケースも多いらしく、店員さんは一緒に文字を選んだりするそうです。確かに、印鑑を使うのは日本独自の文化なのかも知れませんね。だからといって何にでもポンポン捺していると取り返しのつかない事にもなり兼ねないですから、取り扱いは慎重に。

印鑑はどこで作った方が良いか

これから初めて印鑑を作ろうと思っている人も多いと思います。ですが、そういう風に思っている人の多くは意外とどこで印鑑を作ったら良いか分かっていないと思います。それはどうしてかというと、今の時代は何でもネット通販を利用して物を買う時代ですので印鑑もネット通販を利用して購入しようと思う人が多いです。
でも、そういう風に思っても実際に印鑑をネット通販で購入しても大丈夫かと心配に思う人も多いと思います。そういう人にアドバイスするなら印鑑もネット通販を利用して購入しても大丈夫と言いたいです。なぜなら、今の時代は本当に何でもネット通販で物を購入する時代なので印鑑もネット通販を利用して購入しても問題あいからです。それどころか実店舗に行って印鑑を購入する方が良くないと言えるくらいです。
その理由は簡単で実店舗に行って印鑑を購入しても思ったように自分が欲しいと思える印鑑が手に入るとは言えないからです。ですが、ネット通販を利用して印鑑を購入すればいろんな印鑑を販売している店を見つける事が可能になるので自分が望む印鑑も見つかると思います。少なくとも実店舗に行って印鑑を購入するよりもずっと選択の幅は広がるのでおすすめです。

更新情報